MyProfile

香山ひまわり (かやまひまわり)

道化師(クラウン)

長野県長野市生まれ

日本福祉大学社会福祉学部卒業.

在学中に興味本位で、クラウンのワークショップに参加したことをきっかけに道化師を志す


2002年~

モンゴル国立サーカス・沢入国際サーカス学校(群馬)にてサーカス芸、道化芸を学ぶ。

在学中に東京都ヘブンアーティストのライセンスを取得する。

2007年~

モスクワ・ボリショイサーカスの劇場にて、一輪車アーチストとして、半年間公演に参加。(共演:ジャグラー高村篤氏)

帰国後、国内テントサーカスの老舗キグレnewサーカスに加わり全国を巡業。日本人では珍しい女性の道化師としてコント・曲芸などを担当

2009年

映画「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」で一輪車芸披露.

2010年

キグレサーカス退団後、 松代文化ホールで旗揚げ公演を行い、フリーランスで活動をはじめる。この頃より、パントマイミストの清水きよし氏に師事。劇場で演じる道化師(シアタークラウン)の舞台を模索する。

2011年

ピアニスト延原祐氏の生演奏による、「虹色のとき」を松代文化ホールにて上演。

同年5月より信州の黒姫童話館での定期公演をはじめる。

和妻師・和田奈月氏のリサイタル「和田奈月の世界」にて軽業、足芸披露。

アコーディオン奏者あんざいのりえ氏、大道芸人Tommy☆氏と共に『ぽれぽれタイムの「シルク・ド・にっこり」』発表。

青梅舞台芸術祭などに参加。

ろう重複障害者施設「たましろの郷」にて利用者にパントマイム、皿回しなどを指導。同施設の記念行事で参加型のパフォーマンス公演を行い好評を得る。

2012年

「香山ひまわり」という芸名で活動をはじめる。(命名清水きよし氏)

愛媛県松山市内の福祉施設巡回公演。

山形庄内余目病院内公演、院内パフォーマンス、エントランス公演。(共演:大道芸人Tommy☆さん)

日本福祉大学「キャリアデザイン」講義でゲスト講師を務める。

2013年

長野県巡回公演。(音楽:フルート奏者みやままさと氏)松本市東昌寺での「送り火の道化師」公演など。

新宿プーク人形劇場にて、ひとり道化芝居「おばあちゃんの秘密」を発表(作・演出/香山ひまわり、音楽・演奏/みやままさと、演出/清水きよし)を発表。

2014年~

長野県内の社会福祉法人三法人合同初任者研修で「コミュニケーション」を担当。

2016年
NHKスタジオパーク・エントランスでの「ひまわり・にこにこサーカス」パフォーマンス、鬼平江戸処、房総のむらにて「ひまわりの和風曲芸」など、イベント公演多数。

2017年
一児の母として奮闘しながら、公演活動、ワークショップ講師などを続ける。
保育園、子育て支援などで子ども向けの公演も広がりを見せている。